フリマアプリで出品する前に知っておくべき3つリスク


出典:ぱくたそ

 

最近フリマアプリで物を売る人が増えています。

 

スマホで簡単にお小遣い稼ぎができるのは魅力ですが、フリマアプリでのトラブルも増えています。

 

「物を売ってお金をもらう」というのは立派な商売ですので、安易な気持ちで始めるとトラブルに巻き込まれやすくなります。

 

フリマアプリで出品する前に知っておくべき3つのリスクを紹介します。

 

 

フリマアプリのリスク1 個人情報の流出

 

出品して物が購入されると発送することになりますが、発送の際に自分の名前や住所、場合によっては電話番号も相手に知られることになります。

 

個人情報はダダ漏れです。

 

普通の人は個人情報を悪用をしませんが、荷物を受け取った人が送り状をシュレッダーをせずにゴミ箱に捨てて、それを拾って悪用する人がいるかもしれません。

 

取引が多くなるとそれだけ自分の個人情報をさらすことになるので、リスクがあります。

 

フリマアプリのリスク2 返品

 

フリマアプリは商品の写真と商品説明のみで判断して購入されるので、購入者が受け取ってからイメージと違った、汚れがあった、破れがあったなどで返品を求めてくることがあります。

 

返品の際の送料は、基本的にサイズ違いやイメージと違うなど出品者に落ち度がない場合は購入者負担、記載ミスや不具合を事前に伝えていなかったなどは出品者が負担することになります。

 

出品者に落ち度があった場合の返品は痛い出費になります。

 

フリマアプリのリスク3 クレーム

 

フリマアプリの取引もクレームを受けることがあります。

 

出品者の対応に不具合があった場合だけでなく時には理不尽なクレームもあります。

 

フリマアプリは取引終了後にお互いを評価をするのですが、写真と実物があまりにも違う、商品についた匂いが気になる、梱包が汚い、メッセージの返信が遅いなどのメッセージが届き「悪い」評価を付けられることがあります。

 

出品者の不手際は反省して改善すればいいのですが、理不尽なクレームはどうすることもできません。

 

取引は対面ではなくメッセージのみなので、中には言いたい放題言ってしまう人もいるのです。

 

理不尽なクレームは気にする必要はありませんが、どうしても嫌な気持ちになります。

 

そういったリスクもあります。

 

フリマアプリのリスクを減らす方法

 

リスクをゼロにすることはできませんが、リスクを知って対策をすればトラブルを軽減することができます。

 

個人情報を流出しない方法

 

個人情報が悪用されるケースは本当に稀ですが、気なる方は匿名発送を利用しています。

 

匿名発送

 

メルカリのらくらくメルカリ便という配送サービスは匿名発送が可能です。

 

匿名発送なら個人情報を守ることができます。

 

匿名発送は他のフリマアプリでは対応しておらず、メルカリのみです。

 

また、メルカリも出品時に匿名発送の希望設定をしておかなければならず、購入後に変更ができません。

 

返品のリスクを下げる方法

 

返品で痛い出費や揉め事は避けたいものです。

 

商品の不具合を隠さない

 

出品の際に汚れや傷、不具合などを隠さず、写真や文章で細かく説明して、不具合を知ったうえで購入してもらいます。

 

これで返品のリスクは下がりますし出品者に落ち度がなければ返品になっても送料を負担しなくて済みます。

 

クレーム対応

 

クレームを受けると疲れますし気が滅入ってしましますのでできるなら避けたいです。

 

自分の不手際以外のクレームは相手にしない

 

クレームを受けたときに自分に不手際はあったときはすぐに反省して改善する必要がありますが、理不尽なクレームに関して気にしないことが一番です。

 

ただのクレーマーだと思って相手にしてはいけません。

 

まとめ

 

フリマアプリは手軽に物を売れて「商売をする楽しさ」を味わえますので気になる方はぜひ始めてみてください。

 

ただし、多少のリスクは伴うということを知っておいて下さい。

 

「商売をしている」という認識をもつことがトラブルを避けることに繋がりますので責任を持って取引をしましょう。

 

物は売りたいけどリスク避けたいという方にはオークション代行がおすすめです。

 

代行業者に売りたいものを送るだけで、あとはオークションのプロが出品、取引をしてくれるのでリスクは0です。

 

商品が売れると手数料等が差し引かれてお金が振り込まれます。

 

個人情報の流出、返品、クレームのリスクはありません。

 

出典:ハピネスネット

 

自分で出品するよりは入ってくるお金が減りますが、リスクを伴わないというのが最も魅力です。

 

売りたい物があるけどリスクは避けたいという方はオークション代行を利用することをお勧めします。

 

ハピネスネットオークション代行

ヤフオク!出品で初心者が陥る「売れないスパイラル」にご用心


ヤフオク!出品にはコツがある

日本最大規模のネットオークションであるヤフオク!では、日々たくさんの取引が行われています。こんな物まで?と目を疑うような「ゴミ」が商品になることもあって、とにかく何でもある市場と言えるでしょう。ただし、何でもあるから何でも売れるというわけではありません。先ほど書いた「ゴミ」をお宝にするには工夫が必要になるのです。

そういった工夫は経験を積むことによって身につけることができるので、ヤフオク!を始めたばかりの初心者が瞬時にマスターできるものではありません。そのため、最初は独自の方法で出品してしまい、全く売れないという状況に陥ることも多々あります。そこで今回の記事では、初心者がはまりやすい売れないスパイラルということで、理由と対策を考えてみようと思います。

写真が雑で印象が悪い

ヤフオク!においては写真が命といっても過言ではありません。多くのユーザーはキーワードで検索をした後で写真を見て、アクセスするかどうかを決めます。(そもそも、アクセスしてもらえないと入札も落札もありません)ということは、写真の印象が悪かったり、何が写っているのかわからない場合には、商品自体を見てもらうことができないのです。たとえば、写真が暗いとか商品がフラッシュで光ってしまっているとか理由はいくつかありますが、アクセスすることなく素通りされてしまう商品は必ずあります。そうならないためには以下のポイントを抑えて写真を撮るようにしましょう。

【フラッシュを使わず自然光で撮る】

カメラのフラッシュを使うと商品が白っぽくなり、なんだか安物のように見えてしまいます。それに、本来の色味が出ないので後々クレームがくる可能性も否定できません。特に黒と紺色は写真の撮り方によって同じ色に見てしまうので要注意です。

少しでもキレイな色味を出すためには、自然光を使うのがオススメです。できれば午前中の明るい時間帯、10時~12時の間が理想です。直射日光が当たった場合でも色味に変化が出てしまうので、窓から離れた場所がいいでしょう。ちなみに、夕方になると日の光がオレンジ色になり、色が暗くなるので避けた方が無難です。

【洋服はハンガーにかける】

ヤフオク!にもたくさん出品されている洋服は、写真撮影のときにはハンガーにかけましょう。そうすることで、洋服の自然なラインが出て着たときのイメージがしやすくなるのです。

出典:作者による撮影

特にゆったりした洋服は、床に置いてしまうと着たときのラインが伝わらないばかりか、まるで風呂敷のように見えてしまうこともあります。それでは買おうという気持ちにはならないので、キレイなラインが伝わるような写真を心がけましょう。

商品の説明が不足している

写真の他に情報を伝える場所が商品説明です。本来ならここは丁寧に書くべきなのですが、案外雑な出品者もけっこういます。実は商品説明には情報を伝えるという役割の他に、出品者の人柄を読み取るという側面もあります。丁寧に書く人は取引自体も丁寧に行われますし、逆もまた然りです。そういう意味でもここはきちんと書いておく必要があります。

商品の詳細を書くときには、落札する人が何を知りたいのかを考えて書くのがポイントです。基本は、自分が買う立場だったら何が知りたいか?を考えること。そうすると書くことが自ずとわかってくると思います。必ず抑えておくべきポイントは以下の3つです。

【挨拶文】

「アクセスありがとうございます」という一文があると、商品を見ているユーザーも気分が良いです。

【傷や汚れなどのダメージ】

中古品ならば傷や汚れがついていることもあり、落札しようと思う人は、それを知りたがっています。自分が中古品を買うときにも、ダメージは必ずチェックするはず。それと同じなのです。

【サイズや色】

どんな商品であってもサイズや色は絶対に確認します。洋服ならMやLといった表記サイズとともに、着丈や身幅もあると丁寧な説明文になります。バッグの場合には形によって実寸を測るのが難しいので、「A4ファイルが入ります」「500MLのペットボトルを縦に入れることができます」という具合に、比較を書いておくと分かりやすくなります。

スタート価格が高すぎる

ヤフオク!で欲しい物を探す人の大多数は、できるだけ安く買うことを目的にしています。そのためスタート価格が高いと見てもらえませんし、入札・落札もありません。スタート価格を決めるときには自分の希望額も大切ですが、それ以上に重視するのは落札相場です。同じ商品、似たような商品が実際にいくらくらいで落札されているのかを確認して、それよりも少し低めに設定するのがオススメです。

過去の落札相場はに関しては、ヤフオク!で調べることができます。誰でも無料で見ることができるので、活用したい情報のひとつです。

過去の落札相場については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ご覧ください。

賢い出品者はやっている!ヤフオク!の落札相場の使い方

工夫が面倒と思ったらプロに任せてみる

初心者がヤフオク!に出品してみてなかなか売れないと思ったならば、経験を積んでいくことも必要ですが、潔く諦めてプロに任せるのもいいと思います。というのも、目的は「不用品を自力で売る」ということではなくて、「不用品をお金に換える」ということだからです。

ノウハウを持ったプロが出品すれば、落札価格や落札率も上がっていきます。実際にハピネスネットでは落札率が90%を超えているので、自分で出品するよりも売れやすいかもしれません。

出典:ハピネスネット

気になる手数料は落札されてから発生するので、お試しで依頼することもできます。詳細や申し込みはハピネスネットのページでご確認ください。

出典:ハピネスネット

まとめ

よしやるぞ!と意気込んでヤフオク!に出品してもなかなか落札されない…。そういうときには、売れないスパイラルに陥っている可能性が高いです。それを克服して自分で続けるのもありですが、落札率が高いハピネスネットに依頼してみるのもいいかもしれません。

カメラを売るならオークション代行に頼むべき!


出典:ぱくたそ

 

昔カメラをコレクションしていた人、身内の遺品整理で古いカメラが見つかった人、使わないカメラが家にある人、古いカメラの処分に困っていませんか?

 

古いカメラでも昔人気のあった機種はオークションに出品すれば高い値段で売れることがあります。

 

古いカメラは捨てるのではなく、オークション代行サービスを利用して売ることをおすすめします。

 

高く売れる古いカメラ

 

デジタルカメラが主流の昨今ですが、カメラを趣味にしている人の中にはフィルムカメラを好んで使う人たちがいます。

 

フィルムカメラ独特の使い心地を好んでいる人たちです。

 

また、過去に人気のあった古いカメラをコレクションする人たちもいます。

 

そうした人たちがフィルムカメラを購入するのにネットオークションを利用します。

 

古いカメラは今は製造されていないことが多いのでネットオークションで探すのです。

 

ネットオークションで人気のある古いカメラの一つがハッセルブラッドです。

 

世界で初めて携帯できる一眼レフカメラの販売をしたスウェーデンのカメラメーカーのカメラです。

 

そのハッセルブラッドの古いフィルムカメラがネットオークションで需要があります。

 

機種や状態によっては10万円以上で取引されています。

 

カメラに関心がない人にとって昔のフィルムカメラが10万円以上で売れるのは信じられないと思いますが、欲しい人たちにとっては価値あるものなのです。

 

状態がわからないとカメラは高く売れない

 

過去に人気のあった機種でも10万円以上で落札されるものやあまり値段が上がらないものもあります。

 

それは出品の仕方が良くないことが多いです。

 

古いカメラの場合、壊れていたり不具合があったりする可能性があるので、動作確認や状態を明記してないと購入しづらくなります。

 

きちんと明記してある商品は入札が殺到しますが、動作確認できていないものや状態の明記がないものは入札が入っても値段が上がりません。

 

動作確認や状態の明記がないのは知識がなくて出来ないことがほとんどです。

 

今のデジタルカメラのようにシンプルな構造で動作確認も簡単ならいいのですが、昔のフィルムカメラはそうはいきません。

 

知識がないと古いフィルムカメラの動作確認や状態の良し悪しの判断ができません。

 

せっかく状態が良いカメラでも判断できないと安く落札されることになります。

 

カメラを売るならオークション代行

 

きちんと保存していて状態が良く、本来10万円以上の価値があるカメラを知識がないがゆえに安く売ってしまうのはもったいないです。

 

そこで、おすすめなのがオークション代行サービスです。

 

売りたい人に変わって出品や落札後の取引を代行してくれるサービスです。

 

利用者は売りたいものを梱包して送るだけで状態や不具合の確認も全てやってくれます。

 

梱包して送ったあとは売れるのを待って落札されれば手数料が引かれてお金が振り込まれます。

 

個人情報を公開することなく、トラブルの心配もなく安心して利用できます。

 

オークション代行サービスのハピネスネットなら初期費用、商品の送料、ヤフオク費用、売れなかったときの手数料が一切かかりません。

 

 

まとめ

 

オークション代行を利用すればカメラの知識がなくてもオークションで高く売ることができます。

 

古いカメラを売るならオークション代行に頼むべきです。

 

あなたの家にある古いカメラが10万円以上で売れるかもしれませんよ。

 

ハピネスネットオークション代行