最大返金率89%!ヤフオク等、
ネットショップ代行の
ハピネスネット
tel:072-274-1960
お問い合わせメールフォーム

おすすめのネットオークションサイト3選!フリマアプリとの違いも解説


ネットオークションが世の中に認知されて久しいですが、実際どんなサービスなのか、わかっていない方もいらっしゃいますよね。

実際あまり利用しないと分かりづらいのがネットオークション。
というわけで今回はネットオークションとはどんなサービスなのか、また最近話題のフリマアプリとの違いを徹底解説。
さらにオススメのネットオークションサイトをご紹介します。

どちらのサービスも利用するメリット・デメリットがあります。
今からものを売ろうとしている方、ぜひこの記事を参考にして高く楽に商品を売っちゃってください!

ネットオークションの特徴

出品者も落札者も個人


ネットオークション最大の特徴は個人間のやりとりがほとんどだということ。

そのため「未入金の状態で商品を送ってしまい、そのまま連絡が取れなくなった」、「しっかりと商品状態を記載したのに、思っていたのと違うと言われて返品されてしまった」など、トラブルは後をたちません。

いまでこそ法的にも運営側でも仕組みが整備され、以前ほど多くはありませんが、0ではないのが現状です。

買取よりも高い値段で売りやすい


オークションでは入札側は普通のお店で買うよりも安く買い取ることができることが多いです。

一方で出品者側も購買意欲の高いユーザーに買ってもらえるため、値段がつり上がりやすく、買取サイトよりも高い値段で売れることが多々あります。

買う側も売る側もまさにwin-win。

買取サイトの多くは査定の基準が決まっているため、一定以上の買取額になることはとても難しく、また買取業者は売り物として売るため、機能面に問題がなくとも保存状態も良くなければ値段がガクッとさがってしまうことも。

プレミアが付いている商品や、あるいはあまり業者が買取を行っていない家具や家電なども機能面に問題なければ売れることも多いため、買取サイトで売るよりも高い値段がつくことも多いんです。

手間は買取サイトよりも掛かる


業者では買い取ってもらえない商品でも、高い値段が付くオークション。
しかしオークションで最もネックなのが、手間が掛かるということ。

先でご紹介したように、保存状態はもちろん、高く売るための重要項目となる画像や入金、商品の発送などすべて出品者ひとりで行わなければなりません。

そのため買取サイトやリサイクルショップで買い取ってもらうより、面倒な作業をすることになります。

オークション代行業者の利用が便利!

トラブルや売るまで手間が掛かるなど、様々な難点があるオークションですが、それらをすべて請け負ってくれるオークション代行サービスというものが存在します。

申し込みはほとんど買取サイトと同じフローででき、商品を送るだけで簡単にオークションへ出品できるんです。
手数料も落札金額によりますが10%前後ととても良心的。

買取業者が買い取った品を4〜7割増しで売っていることを考えると、とても安いんです。

面倒な作業をやりたくない!でも高く売りたい!という場合には、ぜひオークション代行業者を利用してみてください。

ネットオークションとフリマアプリの違い

最近よく耳にする「メルカリ」や「ラクマ」などのフリマアプリ。
一見似たような形態ですが、ネットオークションとの違いは何なのでしょうか。

フリマは安価なものを素早く売買できる

フリマとオークションの最も大きな違いは、商品を売ってお金にできるまでの早さです。

オークションだと一定期間入札を待たなければなりませんが、フリマアプリはフリーマーケットのため、購入を申し込んだ時点ですぐに換金できます。

特にメルカリでは出品された約半数が、24時間以内に取引が成立しているとのこと。

ただフリマアプリは全体的に出品されているものの値段が安く、本当はもっと高く売れるはずのものを一向に売れないからといって、安すぎる価格で取引してしまうことも多いです。

特にホビー商品やプレミアのついているものなどは、自分で値段を付け辛いですよね。
そういうものはネットオークションの利用がおすすめです!

規模はネットオークションが圧倒的!


出典:フリマvsオークション ネット売買の両雄比較

取引の市場規模としてはオークションの方が圧倒的ですね。

一方でフリマアプリもこの一年でかなり市場が成熟してきており、ものすごいスピードで成長中。
買取サイトやオークションよりも気軽に自分の納得する金額で売れることが多いので、利用者も増えてきています。

ただしフリマアプリよりもネットオークションの方が高くなることが多い商品もあり、どちらを利用するかはあなたが売りたい商品によります。

ではどんな商品がネットオークションに適しているのでしょうか。

おもちゃ・ゲーム、ホビー商品はネットオークションで!

フリマアプリではどこででも手に入る、はやりのファッションブランドの古着やアクセサリーなどが売れやすいようです。
それほど物珍しい商品はあまり出品されていません。

一方、ネットオークションでは、身近な商品からニッチなマニア向けの商品まで様々。
どちらかというと、後者の出品の方が多く、また高い値段がつきやすい傾向があります。

特にマニア向けのおもちゃやフィギュアなどは、入札するユーザーの購買意欲が高く、値段が面白いくらいに釣り上がっていくことも!

身近なものを売る場合には、基本的にフリマアプリ。
ニッチなものや、「現在では販売されていない」などのプレミアの付いているものはネットオークションを利用するのがオススメです。

おすすめのネットオークションサイト3選

ヤフオク


ネットオークションと聞いてまず先に頭に浮かぶのがヤフオクですよね。
ヤフオクではどんな商品を売る時に向いているのか、ご紹介します!

家電や家具を売るのにおすすめ!

アクセサリーや家電、スキルまでなんでもオークションに掛けられているヤフオク。
10以上のカテゴリーもあり、ほとんどのものは出品できます。
変わった出品物もあり、眺めているだけでも楽しめます。

オークションというと、サイン入りや出荷を停止して今はもう手に入らないものが高く売れると思われがちです。
もちろん間違いではありませんが、ネットオークションでは冷蔵庫などの家電、ソファなどの家具も売れます。
特にヤフオクではそれが顕著ですね。

リサイクルや廃品回収などに出すと無料か100円といった格安で買い取られてしまいますが、ヤフオクであれば定価の1〜3割程度で売れることもあります。
綺麗なもの、あるいはスペックが高いものなどは普通に処分するよりもヤフオクで売った方がいいですね。

手数料は高め

ヤフオクの難点としては、手数料が高いというところ。

月額の有料会員に登録しなければならず、さらに出品者が送料負担の場合は落札時に価格の約8%が手数料として引かれてしまいます。

また送料を出品者が負担するか、落札者が負担するかでまた変わってきます。
下にまとめてみました。

送料を出品者が負担する場合
落札価格の8.64%(税込)
送料を落札者が負担する場合
落札価格が625円以上 落札価格の8.64%(税込)
落札価格が624円以下 54円

個人でネットオークションを行う場合、どちらかというと単発での出品よりかはコンスタントに出品をするという方におすすめです。

ハピネスネットをはじめとするいくつかのオークション代行サービスでは、落札価格に対する手数料の他にヤフオクでの手数料をいただくことはありません
もし一度だけヤフオクで売りたいという場合には、会員登録や商品情報の入力、また入金・発送などの手間を省くことができるのでおすすめです。

モバオク

ヤフオクに次いで有名なのが、このモバオクです。
ヤフオクとどう違うのでしょうか。

出品者の手数料は基本的に無料!

モバオクでは、出品者が手数料を払うことはなく、基本的に落札者にのみ手数料がかかります。
これは出品者にとってはありがたいですよね。

ただし自動車やバイクを売る場合には、

  • 自動車:4,860円
  • バイク:3,024円

の手数料が発生します。

ユーザーとのトラブルも・・・

モバオクではユーザーとのトラブルの報告がけっこうあります。
詐欺なども行われていて、落札する側はけっこう疑心暗鬼になっている場合もあるので、思った以上に時間がかかることも。

モバオクもすべて一人でやるのは難易度が高いかもしれませんね。。。

ヤフオクよりも高く売れることも!

モバオクはヤフオクに比べて利用者も少ないのも難点。
売れるまでに時間がかかります。

しかしヤフオクよりも極端に安く落札されることもありません

手数料を考えると、モバオクの方が手元にくるお金は高くなることもあります。

一長一短ですね。

チケットキャンプ

スクリーンショット 2017-01-25 17.19.51

チケット専門のオークションサイト

チケットキャンプは2013年にサービスを開始したチケット専門のオークションサイトです。

コンサートや演劇、スポーツといった興行のチケットを売り買いできるサイトとして注目されています。

「チケットが当選したライブの日に急に予定が入った」なんてことって結構ありますよね。
そんなときにチケットキャンプに出品すれば、早く楽に高く売れます。

問題視もされている

オークションとはいえ、基本的にはチケットを取った公演に行けない人がすぐに売れるようにするためのサービスです。

しかし中には転売屋などもおり、良い席だと法外な値段で取引が行われている場合も。

いま現在こうした興行チケットのオークションは問題視されており、取引されたチケットでの入場ができないよう運営側で制限しようという動きもあります。

もちろんほとんど変わらない値段で取引を行うのは、いまのところ問題ありませんが、チケットの場合良い席だから高く売ろうというようなことはやめておいた方がいいでしょう。

もし心配であればこうしたチケットなどはフリマアプリで適正な価格で売るのもオススメです。

楽天オークションは閉鎖されているのでご注意を!


ヤフオクに並びネットオークションの代表的なサイトだった楽天オークション。
じつは2016年10月31日にサービスを終了しています。

その直後にフリマアプリ「ラクマ」をリリースしており、市場をフリマアプリにシフトしたようです。

その他にも様々なネットオークションサービスが閉鎖されています。
これは利用者が少なくなってきているわけではなく、単にヤフオク・モバオクがめちゃくちゃ強かったということ。

特にヤフオクはいま最も大きなオークションであり、ここであれば大体のものは売れますよ!

まとめ

買取サイトやフリマよりも高く売れることも多いネットオークション。
もちろん、売れるまでの手間などを考えると前者の方がいい場合もあります。

商品ごとに上手にこれらのサービスを使い分け、一番高い値段であなたの商品を売りましょう!

オークションに出品したいときは代行サービス「ハピネスネット」の利用をおすすめ!
あなたの商品をできるだけ高く売れるよう、精一杯お手伝いいたします!

【詳細はこちら】
オークション代行のハピネスネット