ヤフオク等、ネットオークション代行ならハピネスネットにおまかせ下さい。最大返金額89%~でリピート続出!送料無料!商品到着後最短2日で出品!お申し込み後も親身にご対応のお約束!
  • 出品代行業者が、不安も不満もすべて解消!

出品代行業者が、不安も不満もすべて解消!

pixta_11606600_xl

スマホの普及でますます身近になってきたネットオークション。ほしい物を落札するだけではなく、身の回りの不用品を売ってお小遣いを稼ぎたいという人も増えています。「ヤフオク!」に代表される売買の場が浸透し、誰もが利用しやすいシステムが整ったことで、以前より簡単に物を売れるようになりました。しかし、オークションはあくまでビジネスです。出品すれば「どんな物でも必ず売れる」ということではありません。

ビジネスを成功させるために、ユーザーのことを考えた施策が欠かせないように、ネットオークションでも落札希望者の視点に立った対策を講じなければ商品を売ることができません。しかし、そのノウハウは、個人が一朝一夕で身に付けられるものでないことも事実です。楽にできるようになったとはいえ、出品には相応の手順も必要ですし、万が一のトラブルが心配な人もいるでしょう。そういった出品希望者の救いとなるのが出品代行業者です。

出品代行に委託すると月ごとの固定費が不要

オークションに出品する人のモチベーションは、何といっても利益を出すことにあります。たとえ「家にある不要な物をほかの人に使ってもらうことで環境に良いことをしたい」という思いがあっても、得られるお金より出ていくお金のほうが多いようでは続けるのは困難でしょう。

しかし、「ヤフオク!」の場合、出品するためには月額462円(税抜)の「Yahoo!プレミアム会員」への登録が必要です。毎月コンスタントにアイテムを出品しようと考えている人にとっては微々たる金額かもしれませんが、そうではない多くの人にとっては、それなりに高いハードルとなります。代行業者に委託するメリットでまず挙げられるのが、この「毎月の固定費が不要」という点です。

商品撮影や説明書きを準備する手間が省ける

出品代行業者に依頼するメリットは、固定費だけではありません。自分自身がオークションに出品した場合、撮影や説明文の準備、出品中や落札後の応対等、想像以上に多くの手間がかかります。それらがすべて省ける点も大きなメリットです。

「ヤフオク!」などのネットオークションでは、出品物の写真撮影にも、売るためのポイントやコツがあります。ただスマホで適当に撮ればいいというわけではありません。きちんとフォーカスを合わせて、さまざまな角度から撮影し、ライティングなども工夫する必要があるのです。掲載した写真の情報量が不足していると、落札希望者から「この角度からの鮮明な画像はありませんか?」などと問い合わせを受け、追加で対応することになりかねません。

商品説明の文章を書くことも、慣れるまではとてもたいへんです。スペックを表記するために計測をしたり、型番を調べたり、公式サイトやパッケージで付属品の確認をして、落札希望者に必要な情報を過不足なく記載する必要があります。美しい文章である必要はありませんが、読みやすさや競合する出品物との差別化など、留意すべき点が多いことも事実です。

業者が持つテクニックやノウハウが差を生む

出品物が売れるために一番重要なのは「価格設定」です。商品によって適切な価格(スタート価格や最低落札価格の設定)は異なり、これを間違えると高く売れるはずの物が安く落札されたり、そもそも入札されなかったりといった事態を招きかねません。この相場勘、需要に合った価格の付け方については、出品代行業者が積み重ねてきたノウハウが役立ちます。

また、商品がより多くの人の目に触れるための工夫も必要です。「ヤフオク!」には商品を目立たせるための有料オプションが多数用意されていますが、ただ設定するだけでは逆効果な場合もありますので、こちらも出品代行業者の培ったテクニックに頼ったほうがいいでしょう。

このように、ネットオークションへの出品は、個人と出品代行業者に大きな差が生まれます。出品代行業者は、画像や説明文、タイトル、価格設定、評価の数や信頼性など、ユーザーが安心して入札できる(買える)状況を整えているのです。

しかし、それでも買い手がつかない(入札されない)商品は一定数存在します。そこで必要なのが、売るための追加対策です。価格やタイトルの変更、「注目のオークション」の設定、写真の差し替えなど、改善できるところは多々あります。しかし、「高値落札」の勘所を押さえているのは、絶対的な経験値を持つ出品代行業者なのです。

手をかけずに不用品を適切な価格で売るなら代行出品!

個人での出品と代行出品業者への委託。どちらかが正解ということはありません。出品することを楽しめるのであれば、個人で行ってもいいでしょう。一方で、自分の時間を使わず、面倒なやり取りを行うことなく物を処分して売却益を得たい人は、出品代行業者を頼ったほうがいいでしょう。手間も時間もかかるネットオークションへの出品。その行為にあなたはどれだけウェイトをかけられますか?答えはもう決まっているかもしれません。

コラム一覧